MENU

繰り返す顎ニキビ

繰り返す顎ニキビの原因

気がついたら顎にボコっと目立つニキビができたことはありませんか?繰り返す顎ニキビは炎症して化膿するケースが多く、最悪の場合、色素沈着を起こして跡が残ったり、クレーター化してしまいます。そのため、一旦顎にニキビができてしまったら、酷くなる前にきちんと皮膚科で適切な治療を受けることが大切です。しかしながら、皮膚科で処方される抗生物質や塗り薬で一時的に症状が治まっても、根本の治療ができていない限り、ニキビが再発してしまいます。そこで、顎ニキビの原因そのものを突き止めることが必要です。

 

繰り返す顎ニキビの原因とは一体何なのでしょうか。

 

胃腸が弱っている場合やストレスを抱えている場合などは、顎にニキビとして現れやすくなります。
また、チョコレートやケーキなどといった糖質や脂質が高いもの、肉料理をはじめ揚げ物など高カロリーな食品を摂りすぎる偏った食生活や睡眠不足も原因となります。

 

繰り返す顎ニキビでも女性の場合はホルモンバランスの影響も受けやすく、生理前症候群も顎ニキビの原因の一つとして考えられます。もしも胃腸に問題がなく、大きなストレスもない、食生活や睡眠にも問題がないにも関わらず、それでも顎ニキビが治らないという場合は、ホルモンバランスが原因となっていることが考えられますので、繰り返す顎ニキビが続く場合は一度婦人科を受診してみることをおすすめします。

 

顎ニキビが繰り返す時の皮膚科で何されるの?治療方法とは?

繰り返す顎ニキビは大きく分けて三つの内どれかが原因であると考えられます。
原因別に治療方法も違い
それに伴い保険適用の範囲も違ってきます。

 

一つ目はホルモンバランスの乱れです。

特に女性の場合は生理周期によってバランスが大きく変化するためニキビができやすくなります。また、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にする働きを持っているため肌の状態が変化しやすくなります。また睡眠不足やストレス、不規則な食生活によってもホルモンバランスは乱れてしまいます。

 

二つ目は、肌のお手入れ不足や間違ったお手入れが原因と考えられます。

毎日洗顔や保湿をしている人でも顎や顔の輪郭部分は手を抜いていたり、洗顔料が落とし切れていなかったりということが原因となってニキビが繰り返される場合もあります。男性の場合は髭剃りの後の保湿不足などが考えられます。

 

三つ目の原因は紫外線です。

紫外線対策は顎や輪郭までしっかり行う必要があります。

 

この様な場合に皮膚科で受けることのできる治療方法とは、塗り薬や飲み薬、理学療法などです。
ニキビの種類や重度によってアプローチは異なります。
ニキビの治療方法には保険適用内のものと適用外のものがあります。

 

イオウ製剤や抗菌薬などによる治療は保険の適用内とされています。

 

一方、ケミカルピーリングやイオン導入などの治療は適用外とされています。

 

顎ニキビが繰り返す時の処方薬の副作用

最近、大人になってからの顎ニキビに悩まされる人が増えています。
顎ニキビができる原因は、ホルモンバランスの乱れやストレス、不規則な生活、洗顔不足などです。

 

現在、様々なメーカーから数多くのニキビ治療薬が販売されています。
ニキビを繰り返す時の処方薬の副作用には様々なものがあります。

 

ですから、薬の効果と副作用を事前に理解してから使うことが大切です。
ニキビ治療薬で有名なのがディフェリンゲル、リンデロン、ダラシンTゲルです。

 

ディフェリンゲル

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど、ほとんどのニキビを対象にしている治療薬です。
初期のニキビを改善することで、ニキビの悪化を防ぐことができます。

 

ディフェリンゲルの副作用とは、主に乾燥、ひりひり感、かゆみ、赤みなどです。
多くの場合、これらの副作用の症状が組み合わさって起こります。

 

リンデロン

炎症を抑える作用が強い治療薬です。
長期間使ったり、大量に使ったりすると、副作用が出る可能性があります。

 

リンデロンの副作用とは、消化不良、視力低下、頻尿、不安、神経障害などです。

 

ダラシンTゲル

細菌を抑える治療薬で、ニキビの治療に使われます。
ニキビの原因となるアクネ菌やブドウ球菌などを殺菌し、腫れや赤みを改善する効果が期待できます。
ダラシンTゲルの副作用とは、赤みやかゆみなどです。

 

ダラシンTゲルは、全身性の副作用はほとんどないのですが、発熱や腹痛、下痢などの症状が現れた場合は、病院で診断を受け必要があります。

 

 

AD枠
>>>

更新履歴